小さな節約色々こまめに

私は本当に些細な小さな節約を色々人から聞いたりしてやっています。今回はそれを紹介していきたいと思います。

①冷蔵庫の扉の明け締めは素早くして、無駄な電気をカットしています。
②テレビなどのリモコンの電池は使わないときは、電池を外して置くと無駄な放電を防げ電池が長持ちする。
③お風呂の湯船に大きなペットボトルに水を入れ沈めて置くと使うお湯が少なくて済む④洗濯機を使う際には、短いモードで洗うなど
⑤体の不調を感じたら、市販薬ではなく「保険のきく病院に行く」市販薬とさほど変わらずしっかりと診察してもらえ、今の状態に合った薬が処方してもらえるのですが一番良いと思います。
⑥冬場の寒さに電気毛布など、でなく「湯タンポ」を使い暖をとる⑦そして朝にその湯タンポのお湯で顔を洗うです。ぬるま湯具合いが丁度いいです。
⑧家庭菜園で「トマト」や「ピーマン」など育てるのが簡単な野菜を育てると食事に使え買うお金がうきます。
⑨なべはふたがある物を使うと、食材に早く熱がとうる事でガス代が浮きます。(注意点は、なべのふきこぼれない様に、見ていなくては危ない所です。)これは早く料理も出来本当にオススメです。私は少ないですがこの様に節約しています。一年で考えれば節約にしっかりなるのでジミチにやっています。

節約するならまず通信費から!

節約で色々試されていてあまり大きく削れる節約がないと考えていることもあるかと思います。

その時は通信費を見直すと意外と削れることがあります。

特にauやドコモ、ソフトバンクなどのキャリアケータイしか持っていない人に有効でした。

それは「MVNO」と呼ばれるものです。

ドコモなどから回線を借りている会社が出しているサービスになり、基本的に通話・通信するために必要なSIMカードのみを格安で販売しています。

大体キャリアのみの支払いだと最低でも6000~7000円払うことになると思いますが、MVNOだとその半額以下で通話と通信ができます。

電話すべてを名前の分からないものに変えるのが不安だという人がいれば、キャリアからはガラケー(パカパカするやつ)を購入して使用し電話専用機に。

通信をMVNOにしてスマートフォンを一台持つという二台持ちにする手もあります。初期費用はガラケー購入費、対応機種でなければスマートフォンも購入しなければならないのでお金が掛かりますがその後の支払いは大分削れてお得です。

また、一人暮らしの方であればガラケーとスマートフォンの二台持ちでMVNOを利用するのではなくポケットwifiを出しているサービスを利用するとホームネットの通信費とスマートフォンの通信費が一緒に出来るのでお得になります。

意外と見直すことが少ない通信費ですが、様々なサービスが出てきているので節約するならまずここから!と言っていいぐらい大きく削れる部分です。